Research(研究紹介)


高性能アンテナの開発 (アンテナ工学分野)

私たちの周りには、無線LAN、地上波テレビデジタル放送、携帯電話、GPS、...など、 数多くの電波を用いた無線通信システムが普及しています。このような無線通信 システムで重要な役割を果たすのが、電波を送信したり、受信したりする「アンテナ」 です。私たちの研究室では、「多機能アンテナ」「高性能アンテナ」の設計・開発を行っています。 右の写真は研究室で開発したアンテナの例です。 (上側:W-LanとWimaxが利用可能な4周波共用アンテナ, 下側:広帯域円偏波用アンテナ)


海洋センサーネットワーク用アンテナの開発 (アンテナ工学分野)

長崎大学では潮流を利用した海洋エネルギー発電の研究を進めています。 本研究では,潮流発電用タービンをモニタンリグする際に必要となる 海洋センサーネットワーク用アンテナの開発を進めています。


体動およびバイタル検知用アンテナの開発 (アンテナ工学分野)

入院している患者の「離床の状態」「心拍・呼吸の状態」を「非接触方式」で モニタリングするためのアンテナの開発を行っています。

本研究は総務省の戦略的情報通信研究開発推進事業(JP215010002)により行われています.


電波型内視鏡 (電波応用工学分野)

現在, 外科手術で使用されている内視鏡の一つにカメラ型があります. カメラ型は患部の表面は見えますが,患部の内部まで見ることはできません. 本研究では,患部の内部が可視可能な「電波を用いた内視鏡アンテナシステム」の開発を行います. 

本研究は日本学術振興会の科学研究費補助金(C)18k04147により行われています.


マイクロ波マンモグラフィ (電波応用工学分野)

現在、乳がん診断(マンモグラフィ)ではX線を用いたシステムが使用されています。 しかし、X線マンモグラフィでは、「痛み」、「見落とし」、「胎児への影響」等の問題があり、 最良のシステムとは言えません。このような問題の解決策として、マイクロ波帯の電波を 用いたマンモグラフィが提案されました。私たちの研究室では、竹中教授、田中研究室、森山研究室 と共同でマイクロ波マンモグラフィ用アンテナシステムの開発を行っています。

下の写真は研究室で開発したマンモグラフィ用24素子アンテナシステムです。 現在、改良版を設計しています。



センサー給電用レクテナ (無線電力伝送工学分野)

近年,電波は信号を送るだけでなく,電力を送るための手段としての利用が考えられており, 様々な無線電力伝送の研究が行われています. 私たちの研究室では, 橋梁の腐食進行度合を定期モニタリングするためのワイヤレスセンサネットワークシステムを提案し, 橋梁に設置されたセンサに電力を供給するためのレクテナ(アンテナ+整流回路)の開発を行っています. 右写真は設計したマイクロ波整流回路です.


ページのトップへ戻る