■ ホーム/HOME ■ メンバー/Members ■ 研究内容/Research ■ 発表論文/Papers

■ 研究室の活動/Activities within Lab.

 

森山研究室について:

 この研究室は,20154月から竹中先生の研究室を引き継いだ新しい研究室です.研究内容

は,電磁波を利用して観測対象の情報を引き出すことを行っています.具体的には,マイクロ

波を使って乳房内部等のイメージングを行うマイクロ波マンモグラフィーなどを行う技術や,

航空機や衛星に搭載された偏波合成開口レーダにより得られた地表のデータを解析する技術な

どの研究を行っています.現在,宇宙航空研究開発機構(JAXA)や情報通信研究機構(NICT)の独立

行政法人の研究機関とも共同研究を行っています.

 当研究室は,同コースの田中俊幸先生,藤本孝文先生と逆問題,アンテナ関係で一緒に研究

を行っています.また,イタリア トレント大学 Andrea Massa教授,Paolo Rocca准教授,

Giacomo Oliveri准教授らの研究グループと逆問題,ワイヤレスセンサーネットワークなどの

共同研究も行っています.

 興味のある方は,ご連絡下さい

 

新着情報:

 ・古いですが20131016日にNICT Pi-SAR-X2(航空機搭載偏波合成開口レーダ)が撮像

  した長崎市内の画像(Pauli画像)を紹介します.併せて,高度情報を求めたインターフェ

  ロメトリー画像も紹介します.光学でなく電波で作成した画像になります.(この元

  データは,NICTとの共同研究契約により頂いております.2016,2/22) 

 ・また,20158月と9月にJAXA ALOS2/PALSAR2(衛星搭載偏波合成開口レーダ)で撮像した

  諫早湾干拓地の画像(Pauli画像:89)を紹介します.畑毎に色が変わっています.

  これは,偏波特性の違いを表しています.また,8月と9月で作付け状況が変わり,色の

  分布が変化しています.(この元データは,JAXAとの共同研究契約により頂いております.

  2016,2/22)

 

 ・熊本地震関連で,NICT航空機偏波SARで観測を行いました.偏波解析用に簡易的に

  偏波校正を実施しました.2例のPauli画像(HH-VV:(2回散乱)HV:緑(体積散乱)

  HH+VV:(表面散乱))を紹介します.画像1(中心付近の田圃に地面の隆起が確認できる),

  画像2(阿蘇大橋付近,震災後),  画像3(阿蘇大橋付近,震災前)画像4(23

  連結したPDFです.スライドショーで画面を前後  切り替えながらご覧になると,土砂

  崩れの被害が解り易いです.)画像5(震災前後の熊本城)

 

  (NEW)

 ・71日につくばで開催される宇宙・航行エレクトロニクス研究会で,ミリ波レーダによる

  簡易な方法で道路状況を把握する方法と実験結果の発表を行います.また,同研究会で

  IEEE AESS JC WEBワークショップを開催し,日本大学工学中村和樹先生に“UAVを活用する

  インフラや鳥獣モニタリング”の発表を行っていただきます.

 ・318日に電子情報通信学会の総合大会で,ミリ波G-BSARによる微小変位検出に関する

  発表を行いました.

 ・119日にSANE研内(電子航法研で開催)でIEEE AESS JC WEBワークショップを企画し,

  “持ち運び可能なRadarによる微小な変動の計測について(インフラや医療での計測に向けて)”

  と最近利用が進んでいるミリ波レーダの利用法についての紹介を自身で行いました.

 ・ICSANE2021(オンライン)には,SANE研委員長,開催委員長などとしてとりまとめを行い,