■ ホーム/HOME ■ メンバー/Members ■ 研究内容/Research ■ 発表論文/Papers

■ 研究室の活動/Activities within Lab.

 

森山研究室について:

 この研究室は,20154月から竹中先生の研究室を引き継いだ新しい研究室です.研究内容

は,電磁波を利用して観測対象の情報を引き出すことを行っています.具体的には,マイクロ

波を使って乳房内部等のイメージングを行うマイクロ波マンモグラフィーなどを行う技術や,

航空機や衛星に搭載された偏波合成開口レーダにより得られた地表のデータを解析する技術な

どの研究を行っています.現在,宇宙航空研究開発機構(JAXA)や情報通信研究機構(NICT)の独立

行政法人の研究機関とも共同研究を行っています.

 当研究室は,同コースの田中俊幸先生,藤本孝文先生と逆問題,アンテナ関係で一緒に研究

を行っています.また,イタリア トレント大学 Andrea Massa教授,Paolo Rocca准教授,

Giacomo Oliveri准教授らの研究グループと逆問題,ワイヤレスセンサーネットワークなどの

共同研究も行っています.

 興味のある方は,ご連絡下さい

 

新着情報:

 ・古いですが20131016日にNICT Pi-SAR-X2(航空機搭載偏波合成開口レーダ)が撮像

  した長崎市内の画像(Pauli画像)を紹介します.併せて,高度情報を求めたインターフェ

  ロメトリー画像も紹介します.光学でなく電波で作成した画像になります.(この元

  データは,NICTとの共同研究契約により頂いております.2016,2/22) 

 ・また,20158月と9月にJAXA ALOS2/PALSAR2(衛星搭載偏波合成開口レーダ)で撮像した

  諫早湾干拓地の画像(Pauli画像:89)を紹介します.畑毎に色が変わっています.

  これは,偏波特性の違いを表しています.また,8月と9月で作付け状況が変わり,色の

  分布が変化しています.(この元データは,JAXAとの共同研究契約により頂いております.

  2016,2/22)

 

 ・熊本地震関連で,NICT航空機偏波SARで観測を行いました.偏波解析用に簡易的に

  偏波校正を実施しました.2例のPauli画像(HH-VV:(2回散乱)HV:緑(体積散乱)

  HH+VV:(表面散乱))を紹介します.画像1(中心付近の田圃に地面の隆起が確認できる),

  画像2(阿蘇大橋付近,震災後),  画像3(阿蘇大橋付近,震災前)画像4(23

  連結したPDFです.スライドショーで画面を前後  切り替えながらご覧になると,土砂

  崩れの被害が解り易いです.)画像5(震災前後の熊本城)

 

  (NEW)

 ・CALL FOR PAPER

  Journal: MDPI Electronics(Impact factor:1.764, SCIE - Web of Science)

  Special Issue: Recent Advances in Space & Sensor Technologies and Remote Sensing Applications

  Editors: Dr. Toshifumi Moriyama, Dr. Chan-Su Yang and Prof. Dr. Hirokazu Kobayashi

  Submission Deadline: 30 April 2020

  =>エディターをしているElectronicsで,2回目の特集号を企画しています.投稿を

  よろしくお願いいたします.

 ・2020130日,31日にSANE研究会を長崎県立美術館で開催します.11月12

  申し込み締切です.ランタンフェスティバルと被った日程ですので,是非ご参加頂け

  ればと思います.

 ・201911月29日に大阪工業大学でのSANE研究会で,FM-CWレーダSARに関する発表を

  行います.

 ・20191031日から開催のICSANE2019(済州大学,Ara Campus)で,FM-CWレーダSAR

  Khatr-rao積を考慮した人工物の微小変位検出に関する発表を行います.

 ・2019927日に,九州工業大学 戸畑キャンパスで開催された2019年度(27)

  電子情報通信学会九州支部学生会講演会で,4名の修士の学生が,レーダ,レーダ画像

  解析,逆散乱問題について発表を行いました.

 ・2019927日に,九州工業大学 戸畑キャンパスで開催された2019年度(第72回)

  電気・情報関係学会九州支部連合大会の英語セッションで,森山がFM-CWレーダのSAR
  画像の高分解能化について発表を行いました.

  加えて,連合大会国際セッション「Electromagnetic Waves and Antennas」で,Invited talk

  を企画し,Sang-Eun Park先生(Sejong University, Korea)に講演して頂きました.

 ・2019911日に電子情報通信学会ソサイエティ大会(大阪大学豊中キャンパス)

  通信ソサイエティから,SANE研副委員長の活動に対して通信ソサイエティ活動功労賞を

  頂きました(写真)

 ・2019926日に長崎大学にて,以下の特別講演を開催致します..

    日時:令和元年926日(木)13:00-13:45

    場所:長崎大学総合教育研究棟 2207番講義室

    講演題目:Application of SAR Remote Sensing - Can we do better with wave polarization information?

    講演者:Dr. Sang-Eun Park (Sejong University, Korea)

 ・720日大学のオープンキャンパスで研究室24GHz FM-CWレーダを用い,参加者に被験者

  になってもらい,レーダでの検出や心拍の計測などのデモンストレーションを行いました.

 ・626日から78日までの間,韓国全北大学の学生3名にレーダの講義や,実験と

  データ解析の指導などの対応をしています.昨年に続いて,2回目です(74)

 ・828日にマレーシア クチンで開催される2019 International UNIMAS STEM 12th Engineering

  Conference (EnCon)で招待講演を行います.内容は,SARによる災害のモニタリングを予定

  しています(625)

 ・717日のSANE研究会,9月の電子情報通信学会ソサイエティ大会にで発表する予定です.

  内容は,インフェロによる都市部の変化の観測,24GHzのSARによる微小変位検出などです.

 ・24GHzFMCW合成開口レーダで数mm程度のターゲットの微小変位を調べる実験を行いました.

  Differential interferometryの技術により,ターゲットの数mmの移動が検知できました.

  複雑な処理はしていないですが,結果を紹介します.(6月4日)

 ・今年もICSANEが開催されます.場所は,チェジュ島です.興味が有る方は,是非参加下さい.

   日程:31 Oct. 1 Nov. 2019

   場所:Jeju National University, Jeju, Korea

   特色:KAGIS (The Korean Association of Geographic Information Studies) fall meetingと共催

   CFP:ここからダウンロードできます

  今回も,開催に向けて日本側の黒子として,韓国側と調整を行っています.

 ・電子情報通信学会通信ソサイエティ宇宙航行エレクトロニクス研究会の副委員長を退任し,

  2019年度からは通信ソサイエティ<