■ ホーム/HOME ■ メンバー/Members ■ 研究内容/Research ■ 発表論文/Papers

■ 研究室の活動/Activities within Lab.

 

森山研究室について:

 この研究室は,20154月から竹中先生の研究室を引き継いだ新しい研究室です.研究内容

は,電磁波を利用して観測対象の情報を引き出すことを行っています.具体的には,マイクロ

波を使って乳房内部等のイメージングを行うマイクロ波マンモグラフィーなどを行う技術や,

航空機や衛星に搭載された偏波合成開口レーダにより得られた地表のデータを解析する技術な

どの研究を行っています.現在,宇宙航空研究開発機構(JAXA)や情報通信研究機構(NICT)の独立

行政法人の研究機関とも共同研究を行っています.

 当研究室は,同コースの田中俊幸先生,藤本孝文先生と逆問題,アンテナ関係で一緒に研究

を行っています.また,イタリア トレント大学 Andrea Massa教授,Paolo Rocca准教授,

Giacomo Oliveri准教授らの研究グループと逆問題,ワイヤレスセンサーネットワークなどの

共同研究も行っています.

 興味のある方は,ご連絡下さい

 

新着情報:

 ・古いですが20131016日にNICT Pi-SAR-X2(航空機搭載偏波合成開口レーダ)が撮像

  した長崎市内の画像(Pauli画像)を紹介します.併せて,高度情報を求めたインターフェ

  ロメトリー画像も紹介します.光学でなく電波で作成した画像になります.(この元

  データは,NICTとの共同研究契約により頂いております.2016,2/22) 

 ・また,20158月と9月にJAXA ALOS2/PALSAR2(衛星搭載偏波合成開口レーダ)で撮像した

  諫早湾干拓地の画像(Pauli画像:89)を紹介します.畑毎に色が変わっています.

  これは,偏波特性の違いを表しています.また,8月と9月で作付け状況が変わり,色の

  分布が変化しています.(この元データは,JAXAとの共同研究契約により頂いております.

  2016,2/22)

 

 ・熊本地震関連で,NICT航空機偏波SARで観測を行いました.偏波解析用に簡易的に

  偏波校正を実施しました.2例のPauli画像(HH-VV:(2回散乱)HV:緑(体積散乱)

  HH+VV:(表面散乱))を紹介します.画像1(中心付近の田圃に地面の隆起が確認できる),

  画像2(阿蘇大橋付近,震災後),  画像3(阿蘇大橋付近,震災前)画像4(23

  連結したPDFです.スライドショーで画面を前後  切り替えながらご覧になると,土砂

  崩れの被害が解り易いです.)画像5(震災前後の熊本城)

 

  (NEW)

 ・124日から6日につくばで開催される2017 IEEE Conference on Antenna Measurements &

  Applications(2017 IEEE CAMA)に,Special Session

  ・Advances in Electromagnetic Inverse Scattering: Theory and Applications

  ・Signal Processing, Data Analysis and Systems for SAR

  に誘われ(SARの論文はInvited paperです),それぞれの論文が採択されました(9/9)

 ・95日から7日にイタリア トレント大学Andrea Massa教授によるショートコース

  “Compressive Sensing Basics, State of the Art, and Advances in Electromagnetic

  Engineering”を長崎大学で開催します.興味が有りましたら,森山までご連絡ください.

 ・8/24()-8/25()に開催されるIEICE SANE(宇宙・航行エレクトロニクス)研究会で発表

  します(大阪工大)

 ・International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics 2017

  (ICSANE 2017)Websiteが用意されました(6/1).本年は11月23,24日にマレーシア,

  サラワク大学で開催されます.興味のある方は,Websiteをご覧になるか,ご連絡下さい.

  (Organizing Committeeのメンバーとして,成功するように頑張ります.)

 ・7/27()-7/28()に開催されるIEICE SANE(宇宙・航行エレクトロニクス)研究会で発表

  します(名工大)

 ・核融合研 長山好夫(現:日本大学)先生が筆頭のマイクロ波CTマンモグラフィ実験装置に関する

  共著論文が,電子情報通信学会 和文論文誌Cに採録になりました(4/13)

 ・518日開催される電子情報通信学会アンテナ伝搬研究会(宮崎)に併催で行われる

  URSI-F特別講演で発表を行いました.タイトルは“合成開口レーダを用いた地震被害

  領域の偏波・干渉解析”で,合成開口レーダによる日本での地震による被害の観測

  について偏波とインターフェロメトリーを利用した解析例を報告しました.

 ・ICSANE2016の開催報告が,IEICE Communications Society GLOBAL NEWSLETTER Vol. 41, No.1

  に掲載されました(3/1).ページは,1920ページになります.本年は,サラワク,

  マレーシアで11月に開催予定です.

 ・322日から25日まで開催される電子情報通信学会 総合大会(名城大学,名古屋)

  で,企画セッション“災害や防災のための電波を利用した基盤技術の動向や展望

  を開催しました.

    日時: 2017323 9:0011:45

    会場: 名城大学天白キャンパス 共通講義棟北 N406

  多くの方に参加頂きました.発表者,聴講者の皆様に感謝いたします.

 ・日本リモートセンシング学会に日本大学中村和樹先生(第1著者)との共著の論文の
  掲載が決まりました.タイトルは“二偏波PALSARデータによる水稲の生育モニタリ

  ング”です.(2/20)

  (従来の2偏波(HHVV)でなく,HHVH2偏波で水稲を検討した新しい内容です)

 ・日本雪氷学会誌雪氷に日本大学中村和樹先生(第1著者)との共著の解説論文“薄い
  一年氷における誘電率の直接計測手法の検討”(79 1 号(20171 月)73-81 )

  が掲載されました.(2/20)

 ・日イタリア科学技術協力:エグゼキュティブ・プログラム(EP)でイタリア

  トレント大学Andrea Massa教授,Federico Viani博士らが提案しいてたプログラム

  (日本側協力者:森山)が採択されました(2/13)

 ・27日から9日にイタリア トレント大学Andrea Massa教授によるショートコース

  “Compressive Sensing Theory, Techniques, and Applications to Inverse

  Scattering”を長崎大学で開催しました.

 ・URSI-C委員会 第23第8回公開研究会(自然科学研究機構核融合科学研究所

  (岐阜県土岐市)で招待され「入射波の情報を使わない逆散乱解法について」と題して

  発表を行いました(12/22).

 ・1024,25日にInternational Conference on Space, Aeronautical and Navigational

  Electronics 2016 (ICSANE 2016)台北,台湾で開催されました.ICSANE2016には,

  日本側の組織委員会委員長と発表者として参加しました.その結果,共催のIEEE

  GRSS Taipei Chapterから開催の成功に対して感謝状を頂きました.