■ ホーム/HOME ■ メンバー/Members ■ 研究内容/Research ■ 発表論文/Papers

■ 研究室の活動/Activities within Lab.

 

森山研究室について:

 この研究室は,20154月から竹中先生の研究室を引き継いだ新しい研究室です.研究内容

は,電磁波を利用して観測対象の情報を引き出すことを行っています.具体的には,マイクロ

波を使って乳房内部等のイメージングを行うマイクロ波マンモグラフィーなどを行う技術や,

航空機や衛星に搭載された偏波合成開口レーダにより得られた地表のデータを解析する技術な

どの研究を行っています.現在,宇宙航空研究開発機構(JAXA)や情報通信研究機構(NICT)の独立

行政法人の研究機関とも共同研究を行っています.

 当研究室は,同コースの田中俊幸先生,藤本孝文先生と逆問題,アンテナ関係で一緒に研究

を行っています.また,イタリア トレント大学 Andrea Massa教授,Paolo Rocca准教授,

Giacomo Oliveri准教授らの研究グループと逆問題,ワイヤレスセンサーネットワークなどの

共同研究も行っています.

 興味のある方は,ご連絡下さい

 

新着情報:

 ・古いですが20131016日にNICT Pi-SAR-X2(航空機搭載偏波合成開口レーダ)が撮像

  した長崎市内の画像(Pauli画像)を紹介します.併せて,高度情報を求めたインターフェ

  ロメトリー画像も紹介します.光学でなく電波で作成した画像になります.(この元

  データは,NICTとの共同研究契約により頂いております.2016,2/22) 

 ・また,20158月と9月にJAXA ALOS2/PALSAR2(衛星搭載偏波合成開口レーダ)で撮像した

  諫早湾干拓地の画像(Pauli画像:89)を紹介します.畑毎に色が変わっています.

  これは,偏波特性の違いを表しています.また,8月と9月で作付け状況が変わり,色の

  分布が変化しています.(この元データは,JAXAとの共同研究契約により頂いております.

  2016,2/22)

 

 ・熊本地震関連で,NICT航空機偏波SARで観測を行いました.偏波解析用に簡易的に

  偏波校正を実施しました.2例のPauli画像(HH-VV:(2回散乱)HV:緑(体積散乱)

  HH+VV:(表面散乱))を紹介します.画像1(中心付近の田圃に地面の隆起が確認できる),

  画像2(阿蘇大橋付近,震災後),  画像3(阿蘇大橋付近,震災前)画像4(23

  連結したPDFです.スライドショーで画面を前後  切り替えながらご覧になると,土砂

  崩れの被害が解り易いです.)画像5(震災前後の熊本城)

 

  (NEW)

 ・ICSANE2018(117日から9日,許昌,中国)が開催されました.Kun-Shan Chen教授の

  強力なサポートのもと,盛大に実施することができました(写真1,写真2).日本側の

  取り纏めとして無事に終わることができ,感慨深いです.

 ・来年124日,25日に電子情報通信学会 宇宙・航行エレクトロニクス(SANE)研究会

  長崎県立美術館で開催致します.発表申し込みは,1114日迄を予定しています.是非,

  発表を,ご検討頂ければと思います.残念ながら,長崎ランタンフェスティバルは,

  25日からの開催となります.

 ・NICT 上本 純平 博士がCorresponding AuthorNatural Hazardsに投稿していた
   共著論文が採録されました.現在,Onlineで見ることができます(10/9)
   Landslide detection based on height and amplitude differences using pre- and

   post-event airborne X-band SAR data

 ・117日から9日に開催されるICSANE2018(許昌,中国)で,逆散乱問題の発表を行います.

 ・1012日に12th Asia-Pacific Engineering Research Forum on Microwaves and

  Electromagnetic Theory (APMET 2018, Fukuoka, Japan)で逆散乱問題の招待発表を行いました.
その時の様子です.

 ・926日に電子情報通信学会九州支部学生講演会(大分大学,大分)で,M2実藤君,

  M1小川君が合成開口レーダによるリモートセンシングの研究内容で発表します.

 ・827日,28日にリモートセンシング技術センター(RESTEC)のリモートセンシング研修

  「SARポラリメトリ講座」の講師を行いました.

 ・816日に東北大学の博士課程審査会に学外論文審査員として参加しました.

 ・201886()Fraunhofer Institute for High Frequency Physics and Radar

  Techniques FHR (Germany)Dr. Andreas Danklmayerに長崎大学にて特別講演を行って

  頂く予定です.多くの皆様にご参加頂きますよう,お願い申し上げます.

    日時:平成3086日(月)14:30-15:30

    場所:長崎大学工学部2号館 3階24番講義室

    講演題目:Aerospace Remote Sensing using Synthetic Aperture Radar

- From Basics to Applications

    講演者:Dr. Andreas Danklmayer n (FHR, Germany)

    講演内容

  主催を電子情報通信学会九州支部,共催をIEEE AES Japan Chapterとなります.

 ・627日から72日まで韓国 全北大学 工学部 電子工学科の学生数名を研究室で受けれて

  レーダに関する講義や実験を行っています.

 ・Electronics (An Open Access Journal from MDPI) Special Issue "Advanced Technology

  Related to Radar Signal, Imaging, and Radar Cross-Section Measurement"を企画しました.

  ご興味が有りましたら,投稿をよろしくお願いいたします.投稿期限は,2019430日です.

 ・International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics(ICSANE2018)

  を許昌(中国)で本年117日から9日で開催致します.Websiteを起ち上げました.開催に

  ついて,日本側代表として対応しております.是非,参加をご検討頂けると幸いです.許昌は,

  三国志で有名な場所でもあります.

 ・ 2018718日から20日に開催されるIEICE SANE研究会(AP研とSAT研併催,北大)

  で逆散乱問題の研究成果を発表します.

 ・ PIERS 2018 in Toyama, Japan, 1-4 August, 2018で逆散乱問題と熊本地震のInSAR

  解析の結果の2件の発表を行います.

 ・ トレント大学Massimo Donelli博士がCorresponding AuthorProgress In
   Electromagnetics Research C(PIER C, Open Access)に投稿していた共著論文が採録されました.
   A Compact Switched - Beam Planar Antenna Array for Wireless Sensors Operating at
   Wi-Fi Band

   M. Donelli, T. Moriyama, and M. Manekiya

   Progress In Electromagnetics Research C, Vol. 83, 137-145, 2018.

 ・ ICSANE2017のレポートが,IEICE 通信ソサイエティ Global Newsletterに掲載され

  ました.10,11ページと記載されています.本年度は,11月に中国許昌での開催を予定

  しています.

 ・ PIERS 2018 in Toyama, Japan, 1-4 August, 2018

    1) 5 Focus Session.SC5: SAR Imaging and Applications

      Organized by Prof. Kun-Shan Chen (CAS) and
             Dr. Toshifumi Moriyama (University of Nagasaki)
    2) SC5: Inverse Scattering